パチンコ 釘が悪い

パチンコ 釘が悪い

俺にはあまり必要ないが、眷族となった婚約者たちの安全性が高まることは間違いないからな

「悪いなバロール、勘違いさせたなら謝るよ

俺は……お前が思っているより100万倍は強いんだぜ?」 しまった、勢い余って言い過ぎた

さすがに100万倍はないな

俺は小学生か!?「きゃあ!! 素敵です、英雄さま! そんな奴ボコボコにしてやってください!」 まあでも誤差の範囲だ

王女さまの期待に応えないと英雄の名が廃る

『……ほざけ、串刺しになって死ね!!』 バロールの3本の角が触手のように伸び、鞭のようにしなって襲い掛かってくる

あなたも好きかも:a プラス art スロット
 まるで3本の角が別々の意思を持っているかのように不規則な動きで死角から俺の体を貫かんとしてくるが……なぜだ……なぜせっかく持っているその痛そうな金棒使わないの!? 杖なの? 飾りなのそれ? とはいえ、威力はとんでもない

直撃すれば、竜種であっても無事ではすまないだろう

当たればの話だが

『くっ、なぜ当たらないのだ……』 かすりもしない現状にうめくバロールだが、はっきり言おう、遅いんだよ

あなたも好きかも:eayo パチンコ
ちまちま遠距離攻撃なんてしてないで、金棒使え、金棒を

3本の角による攻撃をかわしながら接近し、3本の角を手刀で根元から断ち切る

カモン金棒

『ぎゃあああああああああああ!? つ、角がああああ!?』 激高したバロールの前に相対する

これで金棒を使わざるを得まい

 だが、奴はあろうことか金棒を投げ捨て殴りかかってくるので、投げ捨てた金棒の落ちている場所に蹴り飛ばす

気づけバロール、お前の最強武器を思い出すんだ!! バロールは、金棒を拾い上げると、棒高跳びの要領で金棒を使って高く跳躍、蹴りを放ってくる

くっ……この野郎、金棒は意地でも使わないつもりか!? 神速で金棒を拾うと、バロールをバチコーンと打ち返す