もっくん ブラックジャック

もっくん ブラックジャック

今お電話平気ですか?」『大丈夫ですよ、どうしましたか?』康太はとりあえず事の次第を真理に説明すると、真理は自分のスケジュールを確認しているのだろう

何か紙をめくるような音が聞こえてくると同時に悩むような声が聞こえてくる

『今度の水曜日さえ外してもらえれば大丈夫ですよ

久しぶりに康太君の成長もみたいですから、ご一緒させてください』「ありがとうございます!よろしくお願いします!」康太が通話を切ってガッツポーズをすると、文と倉敷は小さく安堵の息をついた

「クラリスさん不参加、ジョアさん参加ね」「おう、戦力一気に倍だ

あなたも好きかも:パチンコ 芸能人 来店 大阪
あとは土御門の二人にも声かけてっと・・・」康太はとりあえず自分の集められる戦力を集めるために方々へと連絡をかけ始めた

誘い方自体はまるで遊びに行くかのような気楽さだ

誘われた側からすればかなり緊迫感があるような内容に思えるが、そのあたりは康太が気にしていないため、気にするほうが野暮だというものだろう

あなたも好きかも:課金ゲー パチンコ
「参加は私、ビー、トゥトゥ、ジョアさん、土御門の双子に・・・うちの師匠にも声かけておく?」「あぁ、師匠が来ないならエアリスさんが来る可能性は高い

頼むぜ」「はいはい・・・過剰戦力な気がするけどね」「まぁそういうなって

アリスは今回どうする?」「・・・ふむ・・・ようやく私に声をかけたか

あなたも好きかも:パチンコ 履歴書
せっかくだから封印指定としての力を見せつけてやっても」「いや、通訳として

来るか?」「・・・行く」「よしこれでアリスも参加な

結構な大所帯になりそうだな」相変わらず通訳としてしか行動させてくれない康太にアリスは少ししょんぼりしていたが、アリスの力を本気で活用しようとするとこの間のように地形そのものが変わりかねないためにあまり多用できないのだ

康太の場合単純にアリスは働かせるものではないと思っているだけなのだが、そのあたりは置いておくことにする

「師匠も参加してくれるって