アンジェリカ パイレーツオブカリビアン

アンジェリカ パイレーツオブカリビアン

けれど―――)"それで、やっぱりこれは気持ちあってのものだから、表に出たとしても、どうしようもないことだからな"あの時既に起こっている事を理解してくれていた、主で賢者でもある人は、下手に事象を揺らさずに、そして本来あるべき形のままにしてくれていた

"祖父として"欲を言うなら、ままごとでも構わない

あの子の気持ちが報われた思い出が出来たのなら、いいかもしれないが流石に欲張りになるかな"そして"もしかしたら孫娘の一人になったかもしれない存在を気遣うピーン・ビネガー"としての気持ちも、はっきりと口に出していた

あなたも好きかも:アメーバ スロット コイン
「だから、旦那様はあの時"奇跡"と、仰ったのですね」賢者という立場から、禁術の果てに、産まれてこれなかった孫娘の遺骸と、"古い立派な絵本の一ページ"から、存在が成り立つエリファスがこの世界にいる事を"受け入れてはならない"

自分の息子の前にしてもきっぱりと断言をしていたけれど、心の片隅で恐らくピーン・ビネガーという人は、孫娘のとして産まれてくるはずだった存在を気にかけていた

そして、あの時はその孫娘の初恋と形容するしかない想いが、自分の弟の様にも思っている執事に向けられた場面に遭遇した

本来なら微笑ましいその光景を、迎合するわけにもいかない

"自分の信頼する執事に、初恋をする孫娘"その恋が、本当にあったとして儚く散るとしても、この世界にあってもおかしくはない風景が、人の業で喪われた事実であるのが残念でしかたなかった

あなたも好きかも:三京 パチンコ
それが、自分の納める領地のつまらないいざこざに巻き込まれたのが原因で、消されていた"現実"となると、尚更

けれど、責任感の強い人は、その抱えた無念を誰にも察しさせる事も、気づかせもしないでこの世界から、旅だった

「風雅を好む旦那様の気持ちに気が回らないなんて、"ピーン・ビネガーの影"と、この場所で呼ばれた身として、烏滸がましく、恥ずかしい限りです」自嘲しながら胸元の指輪に手を伸ばして、取りだし握る

"ままごとでも構わない、あの子の気持ちが報われた思い出が出来たなら"(ごめんなさい、旦那様、エリファスさん、私にはもうこんな方法でしか、あの時の気持ちに報いる方法も時間もありません)心の内でそう詫びて、今の今まで散々足蹴にしていた頭部ではなく、泥の大蛇の方に向かって跳躍している少年の癖っ毛の頭の上にいる、使い魔に準備が出来たことを報せるために合図を送る

指輪という言葉を彼が口にしなかった事で、"ウサギの賢者"がその事を声を出すこと控えているのは、察していた

《ロックさん、"あの時は気が付かなくて"、正解だったんですよ

それでなきゃ、今から作る"思い出"が出来なくなってしまいますからね、私が困るんです》これまで自分の出来る力で、懸命にやって来た人が必要以上に落ち込まなくても良いように、振り返りもせずに、ルイの両手にある曲刀を振り上げながら、密かに覗いていた執事の心にネェツアークはそう告げる

大切な執事、若しくは孫娘だったかも知れない存在のどちらかが果てる時

何らかの方法で、あの時には気がつけなかった想いを知ることぐらいは出来るように、このロブロウという場所を納める事を命じられていた領主で賢者は、行っていたと思う

 自分が居なくなった後、きっと何処かに然り気無く気がつけるように、用意周到に支度している

―――けれど、今回は女神に"秩序に踞って貰う"ために、指輪と共に利用する