オーストラリア カジノ ホテル

オーストラリア カジノ ホテル

不安と疑問を感じてしまったことで、国王は歪んだ笑みを浮かべながら真実を告げてきた

「各階の油には気付いたようだが、地下の油は見落としていたのではないか?」…うぁっ

あなたも好きかも:滋賀 草津 スロット
…ち、地下があるのか!?国王の指摘を受けたことで、今になって地下の存在を知ったんだ

「そ、そんなはずはっ!?1階は全て調査して、全ての階段を占拠したのにっ!!」地下に続く階段なんてどこにもなかったはずだ

それなのに

国王は地下があると宣言していた

あなたも好きかも:パチンコ ザ・ブルーハーツ
「だから、言っただろう?地下を見落としているのではないか?とな

」「い、一体どこから?」「地下への通路は城内にはない

地下に向かう通路はすぐ外の庭園の中にあるからな

」…はぁっ!?…そんな馬鹿なっ!?「どうして城外に!?」「その理由こそが、この国が終わりを迎える理由なのだ

あなたも好きかも:パチスロ 忍び魂暁
」「なっ!?」「まさかっ!?」自信をもって宣言する国王の発言によって、周囲に控えていた大臣達まで取り乱していた

「こ、国王様っ!?」何も知らされていなかった衛兵達までもが動揺をあらわにしているんだ

…どういうことだ?…まさか国王以外は誰も知らなかったのか?相手側の事情なんて知りようがないけれど

「まさか油田を解放されたのですか!?」…なっ!?兵士達が叫んだ瞬間に、ようやくことの重大さが僕にも理解できるようになった

「そんな!?この城の地下に油田があるのか!?」信じたくない事実

だけど大量の油を保管している理由と離島を焼き打ちに出来るほどの下準備が整えられていた理由を考えれば信じないわけにはいかない

…くそっ!「ここは原油国だったのか!!」焦りと恐怖を感じる僕の背後では、陰陽師達もざわめき始めている

「もしも油田に引火すれば、この国が吹き飛ぶんじゃないか!?」「クアラ国だけではなく周辺海域までも爆発炎上するぞ!」…確かにそうだ