花火 スロット マットブラック

花火 スロット マットブラック

あなたも好きかも:ころな パチンコ
「まさか、この学園から『遊び人』が出るとはね」「すみませ~ん」「本当に分かっているのですか?卒業まであと3か月、 身に付けたのは低位の全体回復魔法のみ、 このままでは、とても冒険者としてやっていけませんよ」「う~ん」「それでも、貴方の事を教師も始め、他の生徒達も、 誰も無下にする事はありませんでした、 それは、魔導書の取得など、一面において、 誰よりも優秀だと皆が知っていたからです、 だからこそ、もったいなさすぎます、『遊び人』で終わってしまうなんて」

八年前、ギデオンと出会い、私は恋を知った

 その走り出しは思った以上に快調で、彼を私たち姉妹の指南役にするどころか、同居まで可能となった

広い屋敷だから、彼の私室とはずいぶん距離があったけれど、食事の時は同じ食卓に座ったし、鍛練の時間は手ずから武術を教えてもらえた

 鍛錬は家の一角に作られた訓練場で行われた

広さは民家を四つつなげた程度で、壁には父の用意した様々な武器が掛けられている

 ギデオンの教え方は丁寧だった

初日に一体何を教えられるのかと胸を高鳴らせていたら、おもむろに鉄剣を抜いてそれぞれの部位の説明をし始めた

それから子供向けの小剣を渡してくれたのだけど、その刀身は刃こぼれだらけだった

「まずは、剣の手入れから始めましょう」それがギデオンからの最初の授業内容だった

あなたも好きかも:富士 スロット 優良 店
 小剣の刃渡りは短かったけれども、それまで剣なんてほとんど触ったことのない私たちは、四苦八苦しながら砥石で剣を磨いた

あなたも好きかも:旦那 パチンコ お小遣い
最初にギデオンが手本を見せてくれたけど、彼の手際を真似しようとすると、かえって手が滑ってうまくいかなかった