座頭医師 ブラックジャック

座頭医師 ブラックジャック

弁償とかすごいことになってるわよ』『分かってるよ

まあ、こうなった以上負けはないしね

あなたも好きかも:バカラ 還元率
そんじゃあ駄目押しのスキル・白金体化及びブースト!』 スキル『白金体化』によってカザネドラゴンが白金(プラチナ)の輝きを帯びていき『ブースト』によってその場を一気に飛び出した

あなたも好きかも:高橋尚子 パチンコ 女性自身
三対の翼がはためき、その速度は加速していく

 そこにポッポさんを退けたカルラ・カザネリアンが再び赤い光線を放つが、対してカザネドラゴンも身体中の水晶角から白い光を放った

それは敵の光撃に打ち勝ち、カルラ・カザネリアンの身体を貫いていく

『ォォオオオオンッ』『さぁ、これでお終いだよ

あなたも好きかも:バイオハザード パチンコ アレックス
カルラ王ッ!』 そして、接近したカザネドラゴンがふた振りの刃でカルラ・カザネリアンをバツの字に切り裂く

それこそが直樹に伝授した口伝オダノブナガ流バツの字斬りの本家

 四つに斬り裂かれたカルラ・カザネリアンが吠えながらその場に崩れ落ち、黒い巨人を打ち破った巨大なドラゴンが勝利の咆哮を上げた

それが戦いの決着となったのであった

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:風音の虹杖・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の竜鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩(柩に飾るローゼ)・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪・プラチナケープ・守護天使の聖金貨・金色の蓄魔器レベル:59体力:205+35魔力:630+950筋力:132+70俊敏力:170+80持久力:91+40知力:135+10器用さ:125+10スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[7]』『光輪:Lv2』『進化の手[11]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション:Lv2』『ゾーン』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv6』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『Wall Run』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv3』『情報連携:Lv4』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv5[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv4』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv3』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv3』『真・空間拡張:Lv2』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv4』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚:Lv2』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ:Lv2』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護:Lv2』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術・極』『タイタンウェーブ:Lv2』『宝石化』『ハウリングボイス:Lv2』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』『ハイパーバックダッシュ』『ドリル化:Lv2』『毛根殺し』『ハイパータートルネック』『爆裂鉄鋼弾』『ウィングアーム』『Roach Vitality』『黒曜角[竜系統]』『空身[竜系統]』『神の雷』『雷神の盾:Lv3』『Inflammable Gas』『神速の着脱』『触手パラダイス』『ハイライダー』『リーヴレント化』『DXひよこライダー召喚+』『ミラーシールド』『由比浜 風音』弓花「カルラ王……死んだの?」風音「いや、ロクテンくんの操作は体操座りでするからね

心臓球よりやや上の胴体をバツの字に切り裂いたから、多分……」

「ふぁ……暇だな……」「暇だな、じゃないでしょ、ハークドック

怪我を治すのが貴方の仕事なのよ」 うおぉ……っ!朝から夕方までずっとマセッタが見張ってくれてやがるもんだから、本当に何もできねぇ!退屈通り越して気まずい空気すらあるってのに、なんでこいつは平気なんだ!?その本か!その本が退屈しのぎになってんのか!?俺も読みてぇよ!え、『セレンデの歴史』?やっぱパス

「あー、その本

兄弟の調べものの手伝いか?」「半分正解ね

代表さんはもうこの本を読んでいるの

だけど何か新しい気づきがあるかもしれないからって、貴方の監視の暇潰しを兼ねて読んでおくように言われたのよ」「そんな半端なことするより、直接その足で街を駆け回った方が情報得られるんじゃね?」「この前ラクラとメリーアが襲われたって話したでしょ