スロット 北斗 の 拳 強敵 北斗 揃い

スロット 北斗 の 拳 強敵 北斗 揃い

異世界に来たことで基本的な身体の丈夫さも上がっている

このくらいの負傷ならば、魔法の練習に丁度いいだろう

あなたも好きかも:p net スロット
「で、でも、痛みはそのままだろ……? ごめん、すぐに抑える」 慣れたものだったが、優しいディアは慌てて漏れでた魔力を身のうちに戻し、体内で凝縮させる

それを《ディメンション》で把握し、一年前との違いを口にする

「最初と比べると、本当に魔力の扱いが上手くなったなあ……」「アルティ師匠と……悔しいけどシスのやつのおかげだな

もう出力を間違えることは……焦らない限り、ないと思う」 自分の性格がよくわかってきているようで「焦らない限り」と付け加えた

しかし、間違いなく魔力の制御は格段に上手くなっている

あなたも好きかも:マルマン パチンコ 橋本
 この一年、伝説の使徒から魔法の手本を間近で見せてもらっていたようなものだ

よく考えれば、その上でレベル上げもしてくれたのだから、少しだけあいつに感謝しておこうと思う

本当に少しだけ

あなたも好きかも:ゲームセンター ビデオゲーム
「あ、もちろん、ここまで強くなれたのはカナミのおかげでもあるぞ! 最初、カナミがいてくれたから強くなれたんだ! 本当にありがとうな!!」 自分の師の中には僕も入っているとディアは言ってくれた

そして、離れていた僕の右手を握って、光が溢れていると見紛うほどの笑顔を見せてくれる

 正直、僕の周囲には珍しいタイプの笑顔だった

その屈託のない純粋な笑顔に見蕩れかける

「これからも俺は強くなるからさっ、期待してくれ! カナミに似合う仲間になれるように、精いっぱい頑張る! で、俺と一緒にもっともっと冒険しようぜ!!」 ぎゅっと僕の手を握って離さない

 レベル59になってステータスの筋力が跳ね上がっているせいか、また骨に罅が入りそうだったが、その眩しい笑顔を見るとそれも許してしまいそうになる

 僕とディアは笑顔で握手を続け――話の終わりを察したスノウが、後ろから近づいてくる