ブラックジャック 名場面

ブラックジャック 名場面

オレだけで、いい」「いいよ

あなたも好きかも:パチンコ 行列 東京
遠慮しなくても」「遠慮する」「いいんだってば」「解散」 手を振って教室に向かう剛のあとを、多美は鼻歌交じりの笑顔でついていった

「タ、タムちゃん? どうしましたの? なんですの?」「いいからいいから

むっちゃん、ちょっと協力して」「え?」「むっちゃんの力が必要なの

あなたも好きかも:今池 パチンコ
むっちゃんじゃなくちゃ出来ないことがあるの」「わ、私……ですか?」「うん

あなたも好きかも:パチスロ 沖 ドキ 超 ドキドキ ランプ
そう」 ――昼休みに入り、昼食を取ることもないまま多美は笑顔で睦美の背中を押した

行き先はもちろん、図書館だ

 どこに向かうのか、何をするのか話しも教えてもらえず、睦美はオロオロと戸惑い、背中を押す多美を振り返った

「ほ、本ですの? 本を借りてきて欲しいんですの?」「んーっ、惜しいっ

ちょっと違うんだなー」「な、なんですの?」 苦笑する多美に睦美は戸惑っていたが、図書館の前、一人立っている少年の側まで押され近寄り足を止めると彼を見てキョトンとした

――金色に近い髪に、青い瞳

眼鏡を掛けた姿はとても凛々しい

 ポワンとする睦美を放って、多美は彼に目を向け腰に手を置いた

「どうだった? 大学にあった?」「あった