new pulsar スロット

new pulsar スロット

不自然ではないと思うが」 その言葉にはオウギも笑みを浮かべた

「ええ、それが宜しいかと

その外観はまさに、この世の天国と聞いとりますのでな

あなたも好きかも:修羅の刻 スロット 天井
ワシもお供しますぞ」 そしてアングレーとオウギが笑いあう

その様子は、長年を共に渡り歩いてきた雰囲気が漂っていた

あなたも好きかも:スロット 台キープ
 そのアングレーとオウギの会話の中に出てきた水晶温泉

それは言葉通りに風音が造り出したカザネ魔法温泉街の浴場のことであろう

 しかし、あの温泉が出来たのは現時点より二日前のこと

そして途中でキャラバンと共に移動することになったとはいえ、通常の移動手段で風音たちよりも速くこのウーミンまでたどり着いてアングレーに情報を伝達するのは至難の話だろう

あなたも好きかも:豪剣 パチンコ
 普通であれば早馬、或いは伝書用の鳥でも使ったのかというところだろうが、しかし使われた伝達手段はまったく別のものだった

「カンナには『メール』を返しておきましょう

無事失敗と」 そう言ってオウギはカンナという人物にメールを送り始める

アングレーには見えない、風音たちがウィンドウと呼ぶものを使って