ルーレット 勝つ確率

ルーレット 勝つ確率

だって、朝も一緒じゃない」「……桜を見に行ってるだけだってばー」「付き合ってるから、そういうことするんでしょ?」「……、違うと思う」 少し拗ねるような口調に、生美は更に顔をしかめた

「なんでよ? だって、そういうことになってるんでしょ?」「……

そういうこと? って?」 顔を上げて訝しげに首を傾げると、生美は肩を竦めた

あなたも好きかも:ダークソウル2 魔術 スロット
「付き合おうって」 優樹はカーッと顔を赤くして首を振った

「そ、そんなことにはなってないよ!」「……

は?」 焦って否定され、生美はキョトンとした

「だって……告られてるんでしょ? 流に」「こっ……」 優樹は目を見開くと、耳まで赤くして、口を一文字に結んで首を振る

「……へ? ……、言ってないのあいつ?」「な、なんのことーっ?」「……

好きだとか、付き合おうとか、言われてないの?」「そ、そんなこと言うわけないじゃないーっ」 半べそ気味に首を振る優樹に、生美は「……ははは」と情けなく笑った

あなたも好きかも:スロット モンスターハンター 狂竜戦線 モード
「……な、なるほどね、そ、そう来たか……

そ、そうか

……そうよね……、相手があんただもんね……」 残念そうに呟く生美に優樹は「っ?」と困惑しつつべそを掻き、歩く足を止めることなく顔を覗き込んだ

「ねっ? ねっ? 流君とはなんでもないのにっ

ねっ、なのにっ……みんなっ……勘違いみたいなのしちゃってっ……」「……

でも、あいつの気持ちは知ってるでしょ?」 じっとりとした横目を向けると、優樹は息を詰まらせてウロウロと目を泳がせた

「告られていようがいまいが、あんたはあいつの気持ちを知ってるわけなんだから

嫌いならともかく、あんただって嬉しいんでしょ?」「……」「なあに? あいつにちゃんと告られたいってこと?」 優樹は間を置いて俯き、ブンブンッ、と首を振った

「じゃあ、何が不満なの? 何が嫌なの?」「……、不満とか、……嫌……とかじゃ、ない、よ……」「じゃあ、なに?」 ため息混じりに聞くと、優樹は俯いたまま悲しげに目を細めた

「……私だけ……、……いけない気がする……」「……え?」「……私だけ……、……、駄目な、気がする……」 か細い声に、生美は少し顔をしかめた