パチスロ ボルキャニック

パチスロ ボルキャニック

馬匹の損失は58頭)の損害を被り、仏軍は360名の捕虜と623名の戦死傷者を出しています

市街戦 家屋内で戦う仏兵 ル・ブルジェで戦闘が始まった頃

あなたも好きかも:鉄拳デビル スロット 新台
サン=ドニ軍団でル・ブルジェ攻撃に参加しなかったおよそ4個大隊の歩兵たちは、散兵群を成してスタンに襲い掛かりました

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ ワルプルギス 赤
 この部落周辺では普近衛(歩兵)第1連隊の第2大隊と同第3連隊の第10中隊が警戒していましたが、普近衛兵たちは四倍近い敵を迎えても落ち着き払って結束が揺るぐことはなく、猛銃撃で仏軍を迎え撃って短時間で多くの損害を与え、仏軍も粘って複数回に渡る突撃を敢行するものの結局は諦めて引き上げるのです

この地で仏軍は約170名の損害を受け、普近衛第1師団の損害は戦死2名、負傷55名でした

サン=ドニ軍団のセーヌ県護国軍兵 一方、サン=ドニ西方の独軍前哨拠点エピネー(=シュル=セーヌ)では同日午前中、歩兵を満載しセーヌ川を下って来た仏砲艦2隻によって砲撃を受けますが、オルジュモン山(エピネーの西3キロ)上とサン=グラティアン(同北西2.7キロ)付近に砲列を敷いていた独第4軍団砲兵*が激しい対抗射撃を行い、砲艦は歩兵の上陸を諦め短時間で転回してサン=ドニへ引き上げるのでした

独第4軍団はこの日戦死2名、負傷14名を報告しています

あなたも好きかも:蒼生のファフナー スロット 終了画面
 同じ頃、モン・ヴァレーリアン要塞からの援護射撃を受けた仏軍の一隊がシャトウのセーヌ対岸まで進出し、普後備近衛師団の前哨と対峙してセーヌ川越しの銃撃戦に発展しますが、およそ1時間後に仏軍は後退を始めて去りました

この間普後備近衛師団に損害は皆無でした

※12月21日の独第4軍団砲兵(一部)*オルジュモン高地上○野戦砲兵第4連隊・軽砲第5中隊○同・重砲第5中隊*サン=グラティアン付近○野戦砲兵第4連隊・軽砲第3中隊○同・重砲第4中隊☆ 12月21日・ヴィノワ将軍の攻撃※アジール・ドゥ・ヴィル・エヴァルとメゾン・ブランシェ、アヴァロン山の周辺図は「シャンピニーの戦い/仏軍攻勢・ヴィリエの戦闘」を参照ください

 パリ第3軍ジョセフ・ヴィノワ将軍が繰り出した21日の攻撃は、サン=ドニ軍のル・ブルジェ攻略失敗で早々と諦めたデュクロ将軍のパリ第2軍より「粘り強い」ものとなります

出撃前にアヴァロン山の陣地を検閲するヴィノワ将軍(1870.12.21) 仏軍縦隊はノワジー=ル=グラン付近に砲列を敷くW師団砲兵の砲撃を冒して正午頃にアジール・ドゥ・ヴィル・エヴァルとメゾン・ブランシェを襲い、同地に駐屯していたザクセン王国(S)軍団前哨は無理をせずいち早くル・シュネー(=ガニー