パチンコ 時間の無駄

パチンコ 時間の無駄

そりゃあそうなるわよね」 ファリアは、ミリュウの気持ちが痛いほどわかるのだ

あなたも好きかも:富田林 パチンコ アミューズ
実際、ファリアはセツナとの再会を果たしたあの瞬間、いまのミリュウ以上の気持ちが溢れそうになっていた

「ファリア様は随分と余裕をもっておいでのようでございますが」「へ? そ、そそ、そんなことないわよ」「なにか、あったのでございますか?」「な、ななな、なにも、ないわよ……」 挙動不審になるのを自覚する

「……髪を切った御主人様、いかがでございます?」「素敵だと想うわよ」「そうでございますか」「なによ……邪推しないの」「邪推しているわけではございませぬ

ただ」「ただ?」「御主人様もファリア様も、あのときからというもの、なんだか距離を置かれておいでのようで、それが気がかりなのでございます」「そんなことないわよ」「そうでございますか?」「ええ、そうよ

あなたも好きかも:東京 カジノ プロジェクト 景品
なんの心配もいらないわ」 身も心も通じ合ったという事実が、ファリアの精神面に多大な影響を及ぼしていることは疑いようがない

もはや、ミリュウやレムがセツナにどのようなちょっかいをかけても、微動だにしなくなった――とは言い過ぎにしても、嫉妬は少なくなった

心に余裕ができたのだ

セツナは自分を見てくれているし、愛してくれている

彼がほかの女性に対しても自分と同じように振る舞うのは、彼がこの上なく愛情の深い人間だからということもわかっている

ただ周囲のひとたちの幸せを願い、そのために愛情を振りまく彼の姿は、ただひたすらに眩しい

あなたも好きかも:パチンコ やめると どうなる
 その光を間近で見ていられることの幸福感は、筆舌に尽くしがたい

「なんの心配もね」 ファリアは、セツナとミリュウの他愛のないやり取りを眺めながら、もう一度、告げた

「あたし、髪を染めようと想うんだけど」「いきなりどうした?」 ミリュウが突如として思いもよらぬことをいってきたのは、セツナが髪を切り、その姿を皆に披露してからのことだ

泰霊殿の広間には、セツナ一行のほか、メリルと、彼女とナーレスの息子であるミレルがいる

ミレルはついこの間三歳の誕生日を迎えたばかりの男の子だが、利発そうな容貌は、いかにも軍師ナーレスの血を引いているように思えてならなかった

 メリルを実の妹のように可愛がっているミリュウには、彼女の子供も同じくらい愛しい存在であるらしく、メリルが少し嫉妬するくらいに可愛がっていた

ファリアやレムたちも、ミレルの可憐さにはめろめろといった感じであり、そんな彼女たちを見て、メリルが余計なことを言い出さないかとヒヤヒヤしたものだ